松井咲子の初写真集がスゴい!妄想全開ランジェリーショットへの想い「秘密ですよ、言わないでください」<本人に直撃>

すべての画像をチェック

元AKB48でタレントとして活躍する松井咲子さんが1月18日に、自身初となる写真集『松井咲子1st写真集 咲子』発売。CMNOWは松井さんに直撃した。

今回、「20代最後の妄想」をテーマにしたという松井さん。妄想だからできる大胆なランジェリーショットなど、見どころも盛りだくさん。どんな気持ちで写真集を作ったのか、その想いに迫った。

−写真集を作ることになったきっかけを教えてください。

松井:今まで写真集を出したこともなく、グラビア自体も、AKB48時代からそんなにたくさんやっていたわけではないですけど、本当にありがたいことにお話をいただきまして、20代最後っていうのもありますし、せっかくなら出したいと思って作りました。

−実際に仕上がりを見ていかがですか?

松井:お話をいただいた時から、スタッフさんたちと色々話し合って、こういう風に撮りたい、こういう衣装を着たいとか、撮影後もこの写真を使いたいと結構ガッツリと携わらせていただいたので、本当に納得のいく良い1冊になったと思っています!

−今回、20代最後の妄想をテーマにされたということで。

松井:もともと妄想することがすごく好きだったんですけど、妄想って人にお話しすることってあまりないじゃないですか。だからそういうちょっと恥ずかしい部分も見せようかなって思いました。写真集の物語として、ピアノをしている気分転換にちょっと妄想するというところからはじまるんですけど…好きな人と過ごした次の日みたいな妄想があったり、ちょっとドキッとするような大人な妄想をしたりもして。

−おぉ。大人な妄想ですね。

松井:自分の中では、そういう妄想をよくしたりしていたんですけど…それを読まれると思うとちょっと恥ずかしいなって(笑)。

−好きな人と過ごした次の日の妄想はよくしてたと(笑)。

松井:(笑)。秘密ですよ、だめですよ、言わないでください(笑)。

−(笑)。でも、どんな内容になっているか楽しみになります!

松井:ファンの方も写真集を見て、妄想してくれたらいいなと思います。

−ランジェリー姿のカットも多いですね。

松井:10代の頃ではできなかっただろうなって思います。絶対に今までしなかった表情や妄想だからこそできる大胆になった私などを見てもらえたら嬉しいです。

−妄想の魅力はどんなところに感じる?

松井:妄想はお金も掛からないし、迷惑も掛からないので、最高の趣味だと思うんです。本当に自由!現実世界では、こんなに素敵なランジェリーを着て、1日お家で過ごすことはないので。

−帯のコメントは南海キャンディーズの山里亮太さんからいただいたんですね。

松井:そうなんです。10代の頃からお世話になってる山ちゃんに是非書いていただきたいなと思って。昔からお世話になっている方に、大人になった姿を見せるのは、なんかお兄ちゃんに見せるみたいな、ちょっと恥ずかしさもありつつ、でも、なんか「こんなこともできるようになったんだね」って言ってもらえたりして、すごく嬉しかったです。

 (C)KADOKAWA  (C)MATSUI SAKIKO  (C)SOMEDAY  PHOTO/TANAKA TOMOHISA

−ちなみに、理想の旦那さんとの結婚生活を妄想するとしたら?

松井:ご飯をおいしく食べてくれる方と、大きな犬と一緒に過ごしたいです。

−改めて、ファンの方へメッセージをいただけますか?

松井:30代になりたてで写真集を出せるということがすごく嬉しいので、10代、20代から応援してくれてた方々の元に届いてほしいですし、30代になった私も好きでいてくれたらいいなっていう気持ちもすごくあります。写真集とともに咲子の名を世に出していきたいです!

−では最後に、写真集を手に取ったファンの方たちのことを妄想して、一言お願いします!

 

…大人になったよ。

−ありがとうございました!

◆松井咲子(まついさきこプロフィール)
1990年12月10日生まれ、埼玉県蕨市出身。2008年よりAKB48所属、2015年8月卒業。現在はテレビ、ラジオなどで幅広く活躍中。特技のピアノを活かした活動もしている。松井咲子カレンダーブック2021発売中。

 

『松井咲子1st写真集 咲子』
著者:松井咲子
撮影:田中智久
定価(本体2,500円+税)
仕様:B5判/96ページ
ISBN:978-4-04-605096-0
発行:株式会社KADOKAWA
発売日:2021年1月18日(月)

購入する(Amazon)

 

 

この記事の画像一覧(全29件)

キーワード