上白石萌歌、別名義で映画「ナラタージュ」の主題歌を歌っていた 音楽活動を本格始動

すべての画像をチェック

女優の上白石萌歌が、6日付のTwitterにて「申し遅れました。私adieuと申します。愛する音楽続けてまいります」と、adieu名義での音楽活動を明言した。

adieuとは、2017年公開の映画「ナラタージュ」の同名主題歌を、年齢以外、一切のプロフィールを非公表としCDリリースした当時17才の女性アーティスト。

野田洋次郎作詞作曲による楽曲を歌う、彼女のあどけなく透明で温もりあふれる歌声は“時を止める歌声”と称され、その歌声の持ち主に多くの憶測が飛び交ったが、その後も公表されることはなかった。

上白石さんはこれまで、2016年末よりKIRIN「午後の紅茶」CMシリーズ(「366日」は、YouTube2,500万再生突破)や、<NHK>2020応援ソング「パプリカ」をNHKオフィシャルでカバー(YouTube1,200万再生突破)、大阪・FM802の春のキャンペーンソングへの参加など、演技のみならず、その歌声でも多くの感動の声を集めてきた。

そして「ナラタージュ」から2年の時を経た8月30日、上白石はadieuの新MV「花は揺れる」のURLをツイート。同曲は、前述シングル「ナラタージュ」に収録された楽曲。この時、本人からの明言はないものの、これを見たファンからは「adieu=上白石萌歌」で間違いないと確信する声が多く寄せられていた。

そして翌週9月6日には、新曲「強がり」のMUSIC VIDEOが公開。教会で凛然と歌うadieu(上白石萌歌)の姿。その高い精神性を感じさせる映像への賛辞とともに、予想外の新曲の発表に端を発し、彼女の本格的な音楽活動を切望する声にも熱を帯びる。

同日正午、「申し遅れました。私adieuと申します。愛する音楽続けてまいります」と宣言。現在、今後のリリースやライブなど、新たな活動の動向に関しては、ベールに包まれたままである。

 

この記事の画像一覧(全3件)