嵐・大野智、マクドナルドCMの撮影裏 緊張する男の子にかけた言葉とは?

すべての画像をチェック

嵐の大野智さんが、マクドナルドの新TVCM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇(30秒)に出演。9月11日(水)から全国で放映スタートしている。

今回のCMは、10月1日以降マクドナルドの一部品目の価格変更に伴い制作。大野さんがマクドナルドで過ごす何気ないひと時の様子を背景に、価格変更後も「変わらぬバリューをお届けする」というマクドナルドの想いが描かれている。

◆大野智と男の子

CM撮影では、大野さんの優しさが垣間見られる瞬間も。カウンターでトレイを受け取り、席を探すシーンで、大野さんの隣にいたのは小学生の男の子。カウンターで母親と一緒に注文をするという役どころですが、カメラや照明といった撮影機材、そして大勢の撮影スタッフでごった返す撮影現場で、ガチガチに緊張しているのが見て取れた。

すると大野さん、「オレ、耳がめっちゃ柔らかいんだよ」と自分の耳を触りながら語りかける。「あっ!もっと柔らかいやつがいた!」と男の子の耳を触ってあげると、男の子はすっかり笑顔に。大野さんの声かけに、男の子の緊張もほぐれたようだった。

◆大野智とマクドナルド

撮影終了後、大野さんは「ビッグマック、あらためて見るとデカいなと思いました!非常においしかったです」と振り返り。プライベートでは「ベーコンレタスバーガー」や「朝マック」をよく食べるという大野さんですが、もう一つ、大野さんには気になるバーガーがある様子。

それは「サーモンマック ムニエル風」。これは大野さんがリーダーを務める嵐が、2001年にマクドナルドのTVCMに出演した際に期間限定で発売されていたメニューで、「最初に食べた時の印象が強かった! めちゃめちゃはまっちゃって、よく(マクドナルドのお店に)買いに行っていました。また食べたいです!」と復活を熱望した。

この記事の画像一覧(全1件)